本文へスキップ

JA2GZZ Shizuoka Japan. GL:PM95KF

CQ CQ CQ de JA2GZZ

QRZ.comはこちら

MFJ-986at

MFJ-986 アンテナチューナー

最終更新日:2010/9/15

 

(まえがき)

 2月に 変更工事許可 の出た無線設備について諸々データ収集や無線機整備を行っていた矢先に手元のMFJ製アンテナチューナー MFJ-986をオートアンテナチューナーに改造しようと思い立ち鉄鋸でバリコン軸とバリエル軸を切断しステッピングモータを取り付けました。幸いにも両者ともΦ6軸にモーターを直結することが出来て一件落着・・・と思ったら制御回路がありません! バリコン軸とバリエル軸を切断しなければ手動でもチューニング出来たものを、これでは使いものになりませんHI。 これから回路&ソフト設計をし制御回路を作らねばなりませんが皮肉にも春先から急にコマーシャルが忙しくなってしまいQRT状態。変更工事許可書の有効期限は「変更工事完了の日まで」と記載されているので、これが完成したら再度データーを採ってから変更工事完了届を提出しよう。

 

 

(概要)

 MFJ製アンテナチューナー MFJ-986をオートアンテナチューナーに改造するための制御基板を作成しました。Windows パソコンと組み合わせて詳細パラメーターを調整することができます。 従ってMFJ 以外の一般(手動式)アンテナチューナーであっても調整箇所が2軸方式のものであれば本制御基板で制御することができます。機能仕様や回路図を纏めたのでこれをダウンロードしてください。

 

 

 

クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大

 

 

(結末)

 8月に AT986-B タイプも完成し、早速総通提出用の送信機予備データーを収集して9月10日に「変更工事完了届」を提出しました、所が翌11日に 突然のアクシデント に見舞われて、結果 TL922 リニアーアンプの修理を諦めざるを得ず 急遽ICOMのIC-PW1を購入する羽目に陥ってしまいました。IC-PW1にはオートチューナー回路と4回路アンテナセレクター回路が内蔵されていて今回作成したオートチューナーは不要となってしまいました。 -_-;

 

*IC-PW1 にはリニアーとしての基本機能以外に実際運用上の体験から欲しいと思っていた上記2種類の機能が内蔵されているので気に入っていますHI

 

 

↑このページの先頭に戻る