本文へスキップ

JA2GZZ Shizuoka Japan. GL:PM95KF

CQ CQ CQ de JA2GZZ

QRZ.comはこちら

サイドミラーカメラpurius

プリウス サイドミラーカメラの設置

2017/6/1

概 要

 トヨタ・プリウス ZVW30に今流行のサイドミラーへ補助カメラを埋め込んだり、走行中のカーナビ操作、TV&DVD操作が出来るよう改造を行いました。極力安価に仕上げるため、80秒タイマーモジュールやワイヤーハーネス等を全て自作するので半田こて、圧着ペンチ等の工具が必要となります。又、回路図が理解できるだけの電気知識も必要です・・・

  

 

機 能

1.走行中のナビ操作許可(トヨタ純正ナビNSDN-W60)

NAVI_ONを押すと 走行中でも約80秒間ナビ操作が可能。
・再度NAVI_ONを押せば さらに約80秒間ナビ操作が可能。
 但し、その間 ナビの自車位置は動きません! 80秒間経過すると自車位置が本来の位置よりズレて動き出しますが、暫くすれば、正しい現在地に自動修正されます。尚、この使用は必要最小限に止めること。

 

 

2.走行中のTV&DVD操作(ナビに内蔵)

・走行中に操作できます。

 

 

3.バックカメラやサイドカメラの位置調整モードSW(ナビの画面に表示)

・最初にACCスイッチをオンにしてから(イグニッションスイッチ オンでは使用禁止)SW2をADJ側に倒すとRバックギヤー位置でなくとも強制的に左右のサイドカメラやバックカメラ(デーラー装備)を表示する位置調整用のモニター画面となります。
 尚、これは調整専用スイッチなので使用が終わったら必ずOFF側に戻すことと、普段操作出来ないよう配線裏側に隠しておきます。


・SW2をOFF側に戻すと通常のナビ表示画面となり、Rバックギヤーが入ると自動的にモニター画面に切り替ります。(普段は常にSW2 OFFで使用します)

 

モニター画面の時(基本的には画面上半分にバックカメラ、左下に左サイドカメラ、右下に右サイドカメラの3画面表示を推奨しますが、必要なら)付属のリモコン操作で4入力中の任意のカメラを選択・表示したり左右サイドカメラの2画面表示や左右サイドカメラとバックカメラの3画面表示、左右サイドカメラと前後カメラの4画面表示などを行うことができます。

 クリックで拡大

 

マルチカメラスプリッタに接続された最大4台のカメラは夫々赤色のDIP-SWで正像/鏡像に切り替えることができます。

 

 

 

 

 

↑このページの先頭に戻る
製 作 編
↑このページの先頭に戻る

♪♪少し専門的ですが頑張ってください。この回路図にある全ての部品代はカメラ代金も含め1万円以内で収まります。

 

 

 

 

80秒タイマーモジュール部品表

品番 品名 規格 数量 参考
R1 抵抗 1MΩ 1/6W 1 秋月電子
R2 抵抗 100KΩ  1/6W 1 秋月電子
C1 電解コンデンサ 33uF-25V 105℃ 1 秋月電子 (注)85℃品はダメ105℃を使用
D1 ダイオード 1A 100V 1 秋月電子 耐圧100V以上のもの
TR1 トランジスタ 2SK1542 1 東芝 代替
RL1 リレー HB1-DC12V 1 松下 代替
SW1 プッシュスイッチ PS21B-4 1 秋月電子(ナビ走行中操作許可SW)
FE1 ヒューズホルダー MF-520 1 秋月電子 中継用
FE1' ガラス管ヒューズ MF61NR 250V 2 1 秋月電子 250V-2A 又は3A

回路図にある増設80秒タイマーモジュールの破線部分全体をホットメルトで覆い固めます。

 

 

 

モニターカメラ部品表

品番 品名 規格 数量 参考
B_CAM バックカメラ デーラーオプション (1) 設置済 (汎用RCA出力品はBCAM7W
L_CAM
R_CAM
左右サイドカメラ 左右のサイドミラー
筐体へ埋込設置【注1】
2 ファクトリー推進CCD-HDナイトビジョン
F_CAM フロントカメラ (未設置)続編を推奨 - カメラ本体増設のみで即使用可能 推奨品
4_SPL 映像分配合成器 Auto Wayfeng
B06XRMBY9P
1 Auto Wayfeng WF® マルチカメラスプリッタ
SW2 トグルスイッチ 1MS1-T1-B1-M1-Q-N 1 秋月電子(カメラ位置調整用、パネル裏へ隠す)
VOUT RCAビデオ線(黄) VOUT   長さ1m
カメラスプリッタ用
1 クリックで拡大100円ショップ    【図1】参照
B・CAM RCAビデオ線(黄) B・CAM  長さ1m
ナビバックカメラ用
1 クリックで拡大100円ショップ    【図1】参照

【図1】クリックで拡大 ナビバックカメラ配線加工方法(回路図参照)

 

【注1】カメラの信号線をサイドミラー格納動作時の支点部の穴に通して配線する必要があります。只、支点部の穴は細くてカメラの信号線に付随するコネクター(カプラー)まで通すことが出来ません。従って

 ⓪サイドミラー本体を車両から取外す。
 @サイドミラー筐体へカメラ取付穴加工をし、カメラ本体を取付けます。
 Aカメラの信号線をコネクター側から60mm〜80mmの所で切断し、支点部の穴に通し貫通させます。
 Bその後、切断した信号線同士を半田付け・熱収縮チューブ処理を行いコネクターの付いた状態に復旧します。
 Cサイドミラー本体を車両へ取付け(ミラー配線と)カメラ配線をドアー内張り⇒ゴムパッキン部から車内部へ引込む。

 

 

 

使用工具、他

品番 品名 規格 数量 参考
  配線タップ
コネクター
RED-0.5 赤色 若干 配線からの電源線や信号線の引出用
オートバックス、DIYショップ
  ギボシ端子 ギボシ端子スリーブ
(オス+メスセット)
若干 送り側:メス、受け側:オス
オートバックス、DIYショップ
  圧着工具 ギボシ端子用 1 オートバックス、DIYショップ
  電線 AWG #20 若干 赤、黒、白、灰 適時
  熱収縮チューブ φ1.5、φ3、φ6 若干 各サイズ 適時
  ビニールテープ 若干  
  すきまテープ W15mm×D8mm×L5m 若干 100円ショップ、 DIYショップ
配線や小物部品のビビリ音対策
内張り剥がし 1 オートバックス、DIYショップ
  ラジオペンチ   1  
  ニッパー   1  
  ワイヤーストリッパー   1  
  半田こて   1  
  ヤニ入り半田   若干  
  ホットメルト グルーガン 1 100円ショップ、 DIYショップ
    〃 乳白色のスティック 若干  〃 (電気回路には乳白色以外使用禁止)
  +ドライバー 車標準装備品 1  
  −ドライバー 車標準装備品 1  
  スパナ M10 1  
  ボックスレンチ M10 1 ナビ取外し時、長さ150mm位のもの









↑このページの先頭に戻る
続 編
↑このページの先頭に戻る

 前項で未設置のフロントカメラCH1をインストールしてもこれはナビ画面に表示される訳で、Rバックギヤー状態の時しか見ることが出来ず実質的に無意味です (^_^; 又、カメラ1台では魚眼レンズ採用の広角度品であっても車の形状により180度以上の視界確保は難しく車両の前部左右コーナー付近の障害物確認に課題が残ります。

 続編ではナビ画面と切り離しフロントカメラ専用に4.3" モニター及びカメラ2台を用意し、案A〜Cを考察しましたが中々迷う所です・・・

左右切替及びオフ


部品表

品番 項目 内容 数量 参考
案A フロントカメラ
L_CAM R_CAM
車体へ穴加工&直付 2 Auto Wayfeng® 汎用型 防水IP67ナイトビジョン車のフロントビューカメラ(白)
又は 案A’と同一品
A’ フロントカメラL_CAM R_CAM 牽引フック取付穴&ダミーカバーへ埋込 2 ファクトリー推進CCD-HDナイトビジョン
又は 案Aと同一品
案B フロントカメラL_CAM R_CAM ラジエターグリルへ取付 2 MARUFANG 高画質 フロント/バックカメラ 兼用 リアビューカメラ 角型/角度調整タイプ 正像・鏡像切替 ガイドライン有・無切替 MARU-005
案C フロントカメラL_CAM R_CAM サイドミラー筐体へ埋込 2 案A’と同一品
MON モニター 4.3" モニター
FS-OMT43
1 2系統の映像入力 12V車用 ミニオンダッシュ液晶モニター 4.3インチ バック切替可能
SW1 トグルスイッチ ST-1062 1 秋月電子左←OFF→右 カメラ選択SW)

 

 

 

考察

 

案A:ヘッドライト下部に埋込設置
  ・フロント部ボデーに取付穴加工の必要がある(取付が目立つ)
  ・角をよく見渡せる

案A’:牽引フック取付穴に埋込設置 ← これに決めた
  ・牽引フックのダミーカバー(蓋)へ埋込
  ・左右合成で実質視野角180°を確保できる

案B:ラジエターグリルの下部に設置
  ・取付は目立たない
  ・実質視野角が150°位でコーナーがよく見えない

案C:サイドミラー筐体に埋込設置
  ・取付はほぼ気にならない
  ・前部(ラジエターグリル近辺)が見えない

 

 

おまけ
   Googleマップでの日本マップコード検索 で地図上の任意の点をダブルクリックすると、その地点のマップコードが表示されます。又、Mapion地図で 任意の点をクリック ⇒ 右上の便利ツール ⇒ 地図URL で得られたマップコードを希望するメールアドレスへ送信することが出来ます。

 

↑このページの先頭に戻る




JA2GZZ
See my Rig and Antennas