本文へスキップ

JA2GZZ Shizuoka Japan. GL:PM95KF

CQ CQ CQ de JA2GZZ

QRZ.comはこちら

RW3WWWrw3www

↓このページの最後へジャンプ

RW3WWW 訪問記

者 RW3WW DR.ヴァレリー

(露→日 機械翻訳)

↓このページの文末へジャンプ

 

これは当局が2001年4月に所用でロシア クルスク市 に10日間ほど滞在中のアマチュア無線家達との交流記録でホスト役の DR.ヴァレリーRW3WWの書いた記事の機械翻訳版です。

 

若者のラジオクラブ

"SPORADIK"

 

会見の模様テッド古田 JA2GZZとの会談

 

2001年4月 於、クルスク 日本のテッド古田はアマ無線を行っていました。

 

 会議のセッティングは、ヴァレリーRW3WW、コンスタンティンRU3AAとテッド自身の間で、インターネット対応によって打ち合わせ・決定されました。 (RU3AAはロシア無線連盟会長)

クルスクでは、テッドが4月5日の朝に到着しホテルに滞在しています。 クルスクでは、家庭の事情をもたらした - 彼の息子は、古代ロシアの土地で知り合った娘と、ロシアの習慣に従いここで結婚式を開催しました。 (クルスクで息子の結婚式を行った)

 

 4月6日にはクルド人のアマチュア無線家とのミーティングを行った。 テッドは、サハリン州ヴァレリーkollektivku RK3WWAラジオクラブとウラジミールUA3WW率いる "ウェーブ" RK3WWO、訪問を伴っていた。
その後、クルスク州立工科大学の会議場で記者会見を開催しました。テッドは、日本のアマチュア無線機器、や無線クラブの活動状況や、自分自身について話しました。 さまざまなトピックに関し クルスクのアマチュア無線家から多くの質問がありました。 記者会見室kollektivki RW3WWWトースト、プレゼント交換、写真、デモンストレーション機器(コンピュータ、vidio、写真機器や無線機器)との非公式会合の後に、テッドはオンエアーするため無線設備を管理し、さらに日本の同胞と交信しました。(RW3WWWのゲストオペとして14MHzで日本と交信した)

 

 4月12日テッドは·バレリーRW3WW家で過ごしました。 そしてテッドがヴァレリーと同じ専門を持つことが判明した。 彼らはデジタル技術の設計の仕事。 もてなしのホステス ラリッサUA3WHW、妻ヴァレリア、焼きたてのパイや準備されたロシアのウクライナ ボルシチ。 小さなキッチンでこじんまりとした楽しかったです。 ゲストはUbgomahチャールズ(彼はナイジェリアで生まれた)を入力し、従って、3つの大陸の代表に会った。として それは夜遅くまで続いた。 (本来花嫁の家に親類が集まって新郎新婦を祝福する日だったが家内のみを出席させて 私は朝〜終日バレリの家で過ごしました。夜9時頃花嫁の家に戻った所 家内から "息子達の祝宴をほったらかして一日中何処へ行っていたの?" と 大目玉を食らいましたHI)

 日本への彼のリターンで、テッドは、ホスピタリティとロシアのおもてなしに感謝の気持ちでクルスクのすべてのアマチュア無線家に手紙に書きました。

 

(今回お世話になった RW3WW バレリーは連邦管轄のクラブ局 RW3WWWの責任者で2つの博士号を持つクルスク工科大学の教授です)

 

 

 

以下 原文

 

Молодежный радиоклуб

"СПОРАДИК"

 

会見の模様Встреча с Тедом Фурутой JA2GZZ

 

В апреле 2001 года в Курске побывал радиолюбитель из Японии Тед Фурута.

 

Договоренность о встречи была определена и согласованна по Интернетовской переписке между Валерием RW3WW , Константином RU3AA и самим Тедом.

В Курск Тед прибыл утром 5 апреля и расположился в гостинице. В Курск его привели семейные обстоятельства - его сын нашел на древней Русской земле спутницу жизни и здесь проходила их свадьба по Русским обычаям.

 

6 апреля началась встреча с Курскими радиолюбителями. Тед в сопровождении Валерия посетил Областную коллективку RK3WWA и радиоклуб "Волна" RK3WWO, возглавляемый Владимиром UA3WW.
Затем в конференц-зале Курского государственного технического университета состоялась пресс-конференция. Тед рассказал о себе, о лиге JA2, о радиолюбительских клубах в Японии, о японской аппаратуре. Было много вопросов от радиолюбителей Курска на самые разные темы. После пресс-конференции в помещении коллективки RW3WWW состоялась неофициальная встреча с тостами, обменом подарками, фотографиями, демонстрацией аппаратуры (компьютеров, видио и фото техники и радиоаппаратуры). Теду удалось поработать в эфире и даже связаться со своими соотечественниками из Японии.
Свой последний день Тед провел у Валерия RW3WW дома. Оказалось, что Тед имеет туже специальность , что и Валерий . Они оба работают в области проектирования цифровой техники.
Гостеприимная хозяйка Лариса UA3WHW, жена Валерия, испекла русские пироги и приготовила украинский борщ. На маленькой кухне было уютно и весело. В гости зашел Чарлзь Убгомах (он родом из Нигерии) и, таким образом, состоялась встреча представителей 3 континентов. Она продолжалась до позднего вечера.
По возвращению в Японию Тед написал в адрес всех Курских радиолюбителей письмо с благодарность за гостеприимство и русское радушие.

 

 



JA2GZZ
See my Rig and Antennas